牛肉好き編集部 のすべての投稿

贈り物に牛肉は喜ばれる

yorokobi
贈り物をする機会は、たくさんありますね。
お世話になった人に、今年もよろしくお願いしますという気持ちを込めて贈ることがあります。
また、贈る人も送られる人も、そのことをありがたい気持ちで思うことが出来るのです。そのため、お中元やお歳暮といった風習を続けていきたいですね。

そんな時、その贈り物をする時にどんなものがいいのか迷うことがあります。
それは、相手の人がどんなものが好きなのか、ほとんどわからないことが多いです。
その時、本当に困ってしまいます。どんなものだったら、喜んでもらうことができるのだろうと真剣に悩みます。
その時に、一つの提案として牛肉があります。牛肉のステーキ用や焼肉用、すき焼き用などを選択してはどうでしょうか。

それは、なんといっても喜ばれることは間違いありません。牛肉をもらって、悲しいという人はいないからです。
その贈る人の気持ちを伝えることが出来るのです。贈る人は、牛肉を見た時のその相手の人の喜ぶ顔を想像することができます。
また牛肉を食べた時に、感動する風景も想像することが出来るのです。そしてその後に、元気になったかなと喜ぶことが出来るのです。
そのため、これだったら間違いなしと思うことができますね。

また牛肉を贈られた方は、その牛肉に感動することができます。
それは、そんなに素晴らしい牛肉を普段の生活の中で食べることが少ないからです。
スーパーなどで買う時には、少しランクが下がったものを買うことが多いですね。
その結果、滅多にそんな上質な牛肉を食べることができないのです。
そんな時、上質な牛肉をお中元やお歳暮をいただくことが出来ると、それは感動することができます。
またその時に、初めて牛肉とはこんなに美味しかったんだと思うこともあるかもしれません。そんな牛肉を、人生で一度は食べてみたいものです。

お中元やお歳暮は、相手の人に喜んでもらうために贈ります。
その候補の中に、牛肉を入れてみませんか?
贈る牛肉選びはこちら⇒ おすすめ牛肉通販ランキング!美味しい牛肉をお取り寄せ

外国産肉でも美味しく食べるには?

牛肉を買おうとしたら、まず気になるのが金額と国産か否かという2点だと思います。
国産肉は、外国産に比べ値段が高く、それは細切れ肉でさえ、同じ様な傾向にあります。
なので、国産肉には、なかなか手が伸びないのですが、その点、外国産肉は色々と料理に活用できるので、気軽に買い求める事ができます。

外国産肉は、コストパフォーマンスはいいのですが、食べた時に、独特の肉の臭いが強くて、食欲がなくなります。
この独特の臭いは、飼料によるものだと聞いた事があります。

国産肉は、穀物で飼育しているために、食べた時にクセある臭いはしないようです。
ですが、外国産肉は、牧草で飼育しているので、食べた時に、獣臭のような独特の臭いが鼻につきます。

また、見た目は柔らかくて美味しそうでも、調理すると固かったりして、ガッカリという期待外れな事もあります。
外国産肉の値段がお手頃というメリットを活かして、肉質の固さや独特の臭いというデメリットを一工夫してできるだけ美味しく食べたいですよね。

これらのデメリットを解決するには、牛乳やヨーグルト、赤ワイン、重曹水に浸すなどの方法があるようです。
また、すりおろした玉ねぎ、大根おろしに漬け込むという方法もあります。

面白いところでは、舞茸と少量の水の中に肉を漬け込む事で、柔らかく食べる事ができるようです。
舞茸にはたんぱく質分解酵素があるらしく、この成分が肉質を柔らかくするのです。

同様に、キウイやパイナップルなどのフルーツにも肉質を柔らかくする成分が多く含まれているらしいのです。
ちなみに、私が外国産肉を使う時は、カレーやハヤシソースなどの肉の臭いが気にならない料理の時です。

また、キムチを入れて炒めたり、スパイスを効かせて調理すると、肉の臭みが和らぐように思います。
私は、外国産肉は薄切り肉しか使っていないのですが、前述した方法で、外国産のステーキ肉にも挑戦してみたいです。

国産肉は、すき焼きやしゃぶしゃぶに代表されるような、肉自体を味わうには最適だなと思います。
これからの季節は、そんな贅沢できる機会が多くて、ちょっと楽しみです。

我が家は牛肉が大好きで時折、シンプルに戴いてます

私的なことになりますが、筆者は肉類というか特に牛肉が大好きです。
其の第一の理由は豚肉や鶏肉などに比べると、牛肉というのは其れだけで独特の味というか食感、風味がするからです。
其の味や食感というのは、例えば、魚のマグロで言うなら赤身とトロの比較が出来るように、牛肉も味のある脂身の赤肉というのはトロリとした、舌触りと味がするからです。
そして、此等の食べ方というのは、やはり「ステーキ」ということになるでしょう。

ところで、牛肉というとステーキの他にも色々な食べ方がありますし、色々な調理の仕方がありますね。
牛肉の本当に美味しい食べ方として実際に我が家でも食べられているのは、特に高級な牛肉の場合はその場でそのままの状態で食べるのがベターでしょう。

例えば、高級なお肉の場合は何と言ってもそのまま焼いて食べる「焼き肉」や「しゃぶしゃぶ」、其れに野菜系を入れ込んでジューート焼煮で食べる「すき焼き」などは代表的で、我が家でも時折、此のような料理を行います。

ただ、肉というか特に牛肉の場合は焼かれることによって、実に香ばしい香りや匂いを発しますので、此れが美味しさのポイントになってきます。
しかし、すき焼きの場合は折角の肉を砂糖や醤油で甘辛くしたり、煮過ぎて肉そのものを固くして食べる場合も起こりえますし、やはり、出来れば肉はシンプルに味わいたいものです。
そんな時のために「焼きシャブ」という方法もあります。

焼きシャブというのは、ご家庭の何処にでも有る電気のホットプレートの上で、ジューーッと食べる方法です。
食べる分だけを一枚づつ箸で取って、表側と裏側とを軽くサーーッと焼きながら、後はそのまま味塩やポン酢などでシンプルに戴く方法です。
此れはやはり、高級な牛肉ほど此のような料理の仕方は合っていると思いますね。 

実を言いますと我が家は福島のイワキに住んでいますが、親元からの山形の「米沢牛」を時折、送って貰う場合があるのです。
そんな時には我が家では、勿論、季節にもよりますが特にお歳暮なんかには、イワキ名物の「アンコウ」(あんこう鍋の材料)の詰め合わせを送ることにしているのですが。 

アメリカの牛肉でもしゃぶしゃぶは美味しい

私は長年ニューヨークに住んでいましたので、アメリカで牛肉を食べることが多く、ステーキハウスでステーキを食べたりもしていました。
アメリカですから、牛肉はアメリカ牛の肉になります。
ちょっとおしゃれなマーケットに行くと、牛肉を売っているコーナーがあって、ショーケースにいろいろな部位の牛肉が並べてあって、量り売りしてくれるようになっていました。

私はステーキにするなら、フィレ肉が好きで、フィレ肉を1インチくらいの厚さで切ってもらって買っていました。
価格は日本に比べるとかなり安いのですが、やっぱりフィレ肉はアメリカでも高級な肉の部類に入るのです。

それで、私はしゃぶしゃぶが大好きで、アメリカの肉屋さんで薄切りの牛肉を買いたいと思うのですが、どんなに薄く切って欲しいと言っても、しゃぶしゃぶ用になるような薄さではカットしてもらえないのです。

生ハムなどは紙のように薄くスライスできるのに、なぜ牛肉は薄くカットできないのかわかりませんが、せいぜい薄くカットしてもらっても、すき焼きにするくらいの厚さにしかカットしてもらえないのです。

それで、ニュージャージーにある大型の日系のマーケットに行くと、しゃぶしゃぶ用にカットされたお肉が売られているので、そこでしゃぶしゃぶ用の牛肉を買ってきて食べるようにしていました。

アメリカの肉は美味しくて、しゃぶしゃぶにすると特に美味しくて、もみじおろしとポン酢でいただくと本当に美味しいのです。
薄いしゃぶしゃぶ用のお肉を手にいれるには、お隣の州まで行かなければならなかったのです。

アメリカの牛肉は日本のような霜降りのものが少なくて、赤身と脂身がはっきりと分かれている肉がほとんどで、
ステーキにするには、サーロインやTボーンのお肉がとても美味しくていいです。

マーケットでパック詰めにされた牛肉には大きな塊があって、ローストビーフを作ったりするときに便利そうでした。
アメリカで食べるしゃぶしゃぶもかなり美味しいです。

簡単ローストビーフの作り方

ローストビーフはクリスマス、お正月などの人が集まる時にもぴったりなメニューです。
冷めてもおいしいし、テーブルが豪華になりますし、メインにもサブにもなるたのもしい一品です。
お店でも売ってますが、たくさん必要な時は結構値がはりますし、簡単にできるので手作りしてみるのもよいと思います。
手作りの品がテーブルにでていると話題も広がりますしおすすめです。

簡単ローストビーフの作り方は、まず500gくらいの牛肉のかたまり肉を用意します。
熱々に熱したフライパンにサラダ油を適量いれて、この牛肉が全面にいい焼き色になるまで転がしながら焼き付けます。
これで表面をかためてうま味が流れ出ないようにしておきます。
続いて、この焼き色を付けた牛肉がおさまる程度の厚手の鍋を用意して、焼き付けた牛肉と調味液を入れます。

調味液は、以下の通りです。

酒 カップ1/2

みりん カップ1/2

醤油 大さじ4

そして鍋にふたをして中火で20分煮ます。20分たったらふたを開けて、牛肉の裏と表を返して、再びふたをしたらもう火は付けず、あとは余熱でふっくらさせます。
このまま冷めるのを待つだけ。とても簡単です。

冷めたら食べる分だけ切り分けていただきます。大人のメニューでしたら、ワサビやクレソンをそえるとアクセントになっておしゃれですしおいしいです。
マスタードも合います。そのまま残ったたれをかけただけでもおいしいので、子供にはそのままでもよいでしょう。
フライパンで焼くときに火を入れすぎると、中に火が入りすぎて赤みが足りなくなったり、
煮る時間もガス火の加減によりますので、おもてなしなどの時は一度お試しで作ってみた方が良いです。
いずれにしてもとても簡単です。

手作りのローストビーフがテーブルに出てくるとまるで料理上手のような印象を受けてもらえるのでありがたいメニューです。
ローストビーフは大量につくっても、サンドイッチの具にしたり、サラダに入れたりしてもおいしいので無駄にならないのも良いです。

激安のお肉をビーフシチューに料理

スーパーの特売でとてもお得なお肉を見つけました。
百グラム130円という価格は驚きの安値です。
しかし、普段から信用している大好きなスーパーですからそう悪いお肉ではないという考えがありました。
安心して購入しましたが、やっぱり料理の方法は気になりました。
そこでそんなときには、とビーフシチューを作ることにしたのです。

お肉にワインをなじませておきます。
ジャガイモは丸のまま皮を剥きます。
玉ねぎは皮を剥いて乱切りにします。
ニンジンは皮を剥いて一センチのいちょう切りにします。
そして、圧力なべにお肉と野菜を入れて良く炒めます。
香付けにローレルの葉っぱ、月桂樹を入れましょう。
ここに水1000CCを入れてふたをして煮込みます。
圧力なべがシュッシュといい始めてから10分間しっかり加熱します。
次は、火を消して、覚めるまで待ちましょう。
温かいお鍋を動かしたり蒸気を抜いたりしてしまっては危険です。
実はお鍋が静かですから、次の工程に移ろうとうっかり蒸気を抜こうとしたことがありました。
じゅーっと勢いよく蒸気や出汁が噴出してきて危険です。
じっくりと冷めるまで待ちましょう。
その間、圧力なべの中では料理が続いているそうです。

しっかりと冷めましたら、圧力なべのふたを開けましょう。
先ずはジャガイモが壊れてしまわないように、お玉でくってほかのボールに入れておきます。
そして、浮いている油を取り除きます。
お得なお肉、白い部分が多かっただけあって油の量は相当ありました。
取り除いてあっさりとおいしいビーフシチューに仕上げます。

サラダがありましたら、赤ワインとビーフシチューで夕食の完成です。
再び火をつけてビーフシチューのルーを入れます
日本酒か赤ワインを大匙3ほど入れてコトコト煮込みましょう。
出来上がりましたら、先ほど壊れないようにボールにうつしてありましたジャガイモを入れて、ビーフシチューの完成です。
お得なお肉でも、しっかりおいしく仕上がります。