我が家は牛肉が大好きで時折、シンプルに戴いてます

私的なことになりますが、筆者は肉類というか特に牛肉が大好きです。
其の第一の理由は豚肉や鶏肉などに比べると、牛肉というのは其れだけで独特の味というか食感、風味がするからです。
其の味や食感というのは、例えば、魚のマグロで言うなら赤身とトロの比較が出来るように、牛肉も味のある脂身の赤肉というのはトロリとした、舌触りと味がするからです。
そして、此等の食べ方というのは、やはり「ステーキ」ということになるでしょう。

ところで、牛肉というとステーキの他にも色々な食べ方がありますし、色々な調理の仕方がありますね。
牛肉の本当に美味しい食べ方として実際に我が家でも食べられているのは、特に高級な牛肉の場合はその場でそのままの状態で食べるのがベターでしょう。

例えば、高級なお肉の場合は何と言ってもそのまま焼いて食べる「焼き肉」や「しゃぶしゃぶ」、其れに野菜系を入れ込んでジューート焼煮で食べる「すき焼き」などは代表的で、我が家でも時折、此のような料理を行います。

ただ、肉というか特に牛肉の場合は焼かれることによって、実に香ばしい香りや匂いを発しますので、此れが美味しさのポイントになってきます。
しかし、すき焼きの場合は折角の肉を砂糖や醤油で甘辛くしたり、煮過ぎて肉そのものを固くして食べる場合も起こりえますし、やはり、出来れば肉はシンプルに味わいたいものです。
そんな時のために「焼きシャブ」という方法もあります。

焼きシャブというのは、ご家庭の何処にでも有る電気のホットプレートの上で、ジューーッと食べる方法です。
食べる分だけを一枚づつ箸で取って、表側と裏側とを軽くサーーッと焼きながら、後はそのまま味塩やポン酢などでシンプルに戴く方法です。
此れはやはり、高級な牛肉ほど此のような料理の仕方は合っていると思いますね。 

実を言いますと我が家は福島のイワキに住んでいますが、親元からの山形の「米沢牛」を時折、送って貰う場合があるのです。
そんな時には我が家では、勿論、季節にもよりますが特にお歳暮なんかには、イワキ名物の「アンコウ」(あんこう鍋の材料)の詰め合わせを送ることにしているのですが。