簡単ローストビーフの作り方

ローストビーフはクリスマス、お正月などの人が集まる時にもぴったりなメニューです。
冷めてもおいしいし、テーブルが豪華になりますし、メインにもサブにもなるたのもしい一品です。
お店でも売ってますが、たくさん必要な時は結構値がはりますし、簡単にできるので手作りしてみるのもよいと思います。
手作りの品がテーブルにでていると話題も広がりますしおすすめです。

簡単ローストビーフの作り方は、まず500gくらいの牛肉のかたまり肉を用意します。
熱々に熱したフライパンにサラダ油を適量いれて、この牛肉が全面にいい焼き色になるまで転がしながら焼き付けます。
これで表面をかためてうま味が流れ出ないようにしておきます。
続いて、この焼き色を付けた牛肉がおさまる程度の厚手の鍋を用意して、焼き付けた牛肉と調味液を入れます。

調味液は、以下の通りです。

酒 カップ1/2

みりん カップ1/2

醤油 大さじ4

そして鍋にふたをして中火で20分煮ます。20分たったらふたを開けて、牛肉の裏と表を返して、再びふたをしたらもう火は付けず、あとは余熱でふっくらさせます。
このまま冷めるのを待つだけ。とても簡単です。

冷めたら食べる分だけ切り分けていただきます。大人のメニューでしたら、ワサビやクレソンをそえるとアクセントになっておしゃれですしおいしいです。
マスタードも合います。そのまま残ったたれをかけただけでもおいしいので、子供にはそのままでもよいでしょう。
フライパンで焼くときに火を入れすぎると、中に火が入りすぎて赤みが足りなくなったり、
煮る時間もガス火の加減によりますので、おもてなしなどの時は一度お試しで作ってみた方が良いです。
いずれにしてもとても簡単です。

手作りのローストビーフがテーブルに出てくるとまるで料理上手のような印象を受けてもらえるのでありがたいメニューです。
ローストビーフは大量につくっても、サンドイッチの具にしたり、サラダに入れたりしてもおいしいので無駄にならないのも良いです。